ウェディングドレスの発送方法。売る場合はどうやって相手に送ればいいの?

ウェディングドレスの発送方法。売る場合はどうやって相手に送ればいいの?

 

ウェディングドレスは高価な買い物です。
でも高い金額を支払っても、一回しか着ることがないなら、新品同然だという事になりますし、一回着用しただけのドレスを安く買うことができるなら、中古でも構わないという女性たちの間で、中古のウェディングドレスの需要が増加しています。
中古品買取業者の中にも、ウェディングドレスを専門に買い取ってくれるところも続々登場していることからも、ドレスを中古で売りたい層も買いたい層も一定以上存在していることが分かります。

 

いらないウェディングドレスの発送方法ですが、メールフォームなどから業者に買い取ってもらいたい旨を伝えると、向こうの方から買取キットと呼ばれるセットが送られてきます。
そのキットにはマニュアルや査定申込書や伝票などが入っています。
ドレスを入れる段ボールは査定を希望する側が用意しなくてはいけません。
ドレスと必要な書類、身分証明書のコピーなどを同封して送ると、後は査定結果を待つだけとなります。査定が終わり、買取に値するものであると判断されて初めて、売ることができるのです。

 

ドレスはブランド物やそうではないものも同様に買い取ってもらえますが、著名ブランドの場合は本当にそのブランドのウェディングドレスかどうかを証明する保証書がないと、買い取り金額が下がってしまいますし、ドレスとセットになっている小物がある場合はそれが欠けていると査定に響きますから、注意しておきましょう。