ウェディングドレスはレンタルと買取どっちがおすすめ?式後の保管はどうする?

ウェディングドレスはレンタルと買取どっちがおすすめ?式後の保管はどうする?

 

結婚式で神父が身につけるウェディングドレスはレンタルするか買取という形で購入するかどちらかを選ぶことができるようになっており、それぞれにメリットやデメリットがあります。
そのためどちらを利用するのかと言うところはその人によって異なっているのですが、結婚式で利用した後の保管についても注意が必要になってくるのでしっかり検討する必要があります。

 

まずレンタルの場合は結婚式で利用した後はすぐに返却するだけなので手軽ですし、コストも買取よりもかからないと言うメリットがあります。
デザインも最新の物を身につけることができるので、ウェディングドレスにお金をかけたくないと言う人やその後の管理が面倒くさいと言う人にはおすすめされています。
ただし自分のサイズに合ったものがなかったり希望するデザインがレンタルできないなどのデメリットもあるので、早めに予約を入れておかないと希望通りのドレスを身につけることは難しいとされています。

 

また買取の場合は自分のサイズや好みのデザインを利用することができるほか、利用した後不要になれば売却することができるというメリットを持っています。
そのためお金をかけてでも自分の好みの物を着たいという人におすすめですが結婚式後はクリーニングなどで綺麗にしてから自宅で保管する必要があり、保管方法としては専用の真空パック内で暗所保存をすることがおすすめされています。
またオーダーメイド性のものや無名のブランドのものは売れない事もあるので、その点を注意してどのようなウェディングドレスを買い取るのかと言うところは検討する必要があります。