節約と女子力って両立できない?化粧品も断捨離しました。

節約と女子力って両立できない?化粧品も断捨離しました。

 

27歳にもなると、肌の衰えが気になり始めます
。頑張って女子力を上げるためには、毎日の洗顔や基礎化粧品、そしてパックやマッサージなどは欠かすことはできないと考えられています。
そしてそれはとてもお金のかかることです。デパートで1本10000円以上する美容液もあります。基礎化粧品だけで毎月数万はかかります。
それ以外にもメイクや美容院代、洋服代など、女子力を上げるにはとてもお金がかかります。
節約や断捨離といったものは、女子力とは相反するところにあるもののように思われます。

 

しかし本当に化粧品は女子力には必要なものなのでしょうか。
化粧品を使わないと肌はどんどん老化すると思われがちですが、実はそうではありません。
肌は何もしなくても、自分で綺麗になる力を持っているのです。
それにはまず、洗いすぎをやめることです。洗顔フォームをやめて、水やお湯で洗えば、肌の皮脂の落としすぎを防ぐことができます。
肌の皮脂は天然の高級クリームなので、それ以上化粧水もクリームも塗る必要がありません。
数日たてば洗いすぎによる肌荒れは治まり、肌が綺麗に潤い、健康的なハリとツヤが出ます。
そして、メイクは薄めにします。肌が綺麗になれば、ファンデーションを厚塗りする必要もないですし、お湯洗顔でも落とすことができます。
そうすればクレンジングもいりませんし、メイク用品もかなり数を減らすことができます。

 

このように、化粧品を断捨離することは、女子力が向上するだけでなく、節約にもつながり、化粧台もすっきり片付き、一石三鳥のいいことずくめです。