結婚指輪って買取してもらえる?イニシャルなど刻印あっても売れるの?

結婚指輪って買取してもらえる?イニシャルなど刻印あっても売れるの?

 

結婚した時に多くの人が購入する結婚指輪ですが、離婚してしまった後は処分に困る品となります。
捨てることができずに保管していても、再婚する予定ができた場合はそのまま持っているわけにはいきません。
そんな場合、ただ捨てて処分してしまうのではなく、少しでもお金に変換して何かの足しにすることをおすすめします。
売却した指輪は捨ててしまった時のように無駄にならず、再加工されて誰かの役に立ちます。
結婚指輪を買った時、指輪の内側にお互いの名前のイニシャルや、結婚記念日などの刻印を打ち込む事があり、売る時に問題はないかと心配になるかもしれませんが、それらは査定に影響を与えません。
買取の際に価値が付くには指輪の材質であって、プラチナや金で作られている場合、普通の貴金属品のプラチナ・金と変わらない価格で買い取ってもらえます。
結婚指輪を買い取ってくれる場所は、質屋や宝石屋、金属買取業者やリサイクルショップなどが一般的です。
結婚指輪の多くはプラチナか金属が素材ですが、それらの金属は相場が毎日変わるので、買取価格も日々変動しています。
もしも時間に余裕があり、少しでも高く買い取ってもらいたい場合は、価格が高い日がねらい目です。
金属の買取価格は誰でも確認することができますが、実際に売る時には加工手数料が引かれます。
指輪は溶かして元の原料に戻す必要があるので、そのための費用です。
お店によって加工手数料は異なるので、複数のお店で見積もり査定してもらうのが高く売るポイントです。